2019年10月30日水曜日

Maebashi CX Day1

競技に参加するというよりフェス的要素を楽しむ比重がほとんどのシクロクロスですが今年も前橋から参戦



過去数年の前橋は
ホールショットからの最初の折り返しで前転、
奇跡の1周目トップからの足攣り前転、
苦手の林間セクションでのヘルメット飛ばし前転など、
何かとネタに事欠かない前橋シクロクロス

今年は台風19号の爪跡もあり、前日豪雨の影響で泥ウェットコンディションの前橋day1に参加してきました。

9時前には会場入りしSSKジャージで試走をするなど。
試走はレースの準備というよりも仲間や久しぶりの友人との挨拶や会話がメインでしたが。




2周ほど走り自転車泥まみれにしてからテントエリアにタープ張ってデイキャンプモードに。
仲間がコーヒー淹れてくれたり、ccjpタピオカ飲んだり、写真撮りながらレースの応援し、子供と遊びつつ、ランチにはエスキーナのカレー食って、出会う人と話しつつ、急に8の字レッスンしたりしてたらあっという間に15時のレースでした。








レースは最後尾付近で周りからスタート5秒前までイジられてめちゃくちゃリラックスして開始。
後ろのケンケンさんは初レースで大緊張してたはず。
コースの中央は荒れてるので落車もあるだろうとスタート直後から右端をスルスル上がり、階段上では案の定落車あるも交わして気づいたら20番手くらいでした。途中よっしゃんが迫ってきてるのを確認した時は気合入りましたね。

とりあえずでかいミスをしないように怪しいセクションは全部降りて押しまくるのは良かったですが、
2周目くらいにはもはや脚切れてきて練習してないとやはりそんなもんです。

それでもコースの至る所で声援(ガヤ)をもらい娘の応援もバッチリ聞けました。
途中からabove姫井さんとのランデブーとなり結果抜かれましたが久々のレースに良い刺激をいただきました。


C4 26/47

レースに出るからには出し切りモードですのでこんな順位でも達成感アリ。
シクロクロスの苦しさは久々でしたがやはり良いもんです。

今年の前橋も最高でした。
大会運営の皆様、参加者の皆さん、お世話になりました。
ccjpのみんなありがとう。

次は野辺山
今年はレースではなくグラベルチャレンジに参加ですが楽しみでしかない




最初と最後の写真は @ukinishihara
Thanks!




2019年6月3日月曜日

Rapha Prestige Hotaka

My Prestige 三部作

2019年 武尊

僕の人生を変えたといえる自転車、出会い、そして仲間の三部作が完結



ピストにハマり、古いカンパに魅せられ、クロモリバイクに乗る自転車ライフ。
あの頃お気に入りだったtklogccjpとは友達になり、福岡のチームmozucoffeeには仲間に加えてもらい、すべてを繋いでくれたKINFOLKとのストーリー

自転車が繋いだ輪は地域で集まるチームとなり、いつも一緒に走る仲間とプレステージに参戦

Rapha Gentlemen's Race 京都の記事でRaphaを知り、自転車に乗りはじめ、いつかはこんな仲間と一緒にRGRを完走したいと思ってから数年。
東京引越しを機にひとりで飛び込んだccjprideからすべては初まり、今回の武尊まで数えきれない出会いと最高のライドを経験しました。

そんな個人的な想いが詰まったRPhotaka




ルートは軽いアップダウンが続く素晴らしい景色を楽しめる序盤。短いグラベルを含むアドベンチャー要素を加えるあたりはさすがccjpCP1のダイナミックな景色も最高でした。序盤でチーム1声の良いムラタさんパンク2回で25チーム中24番手スタートという事もあり一時最後尾となりましたが、その後は良いペースで走りCP1では他チームと合流。多くの参加者とのサドルトークもプレステージの醍醐味、はじめましての方、久々の顔や1週間ぶりの再会まで楽しめました。











その後は長いこんろく峠。ひたすら続く登りは腰の痛みと戦いながらチームメンバーのサポートを受けつつ走る。たぶん自転車人生で1番よく見ながら走ってるエースブンちゃんのケツには今回も助けられました。ドカンと長い降りを楽しんだ後は軽い補給を入れてまた登り、途中乗車率3%のプチ山登りも加えながら麦草峠の一部を彷彿とさせる直登をクリアしCP2へ到着。






CP2ではチーム員の大里プロ改めアヤノプロにコーヒーをもらって皆で記念撮影して終盤第二グラベル区間へ。走り出してすぐにイソベ部長のF1バイクがパンクするも追い抜くチームとの会話を楽しめた。途中美しい渓流チャポンでクールダウンしチーム5人揃いながら励まし会いつつ最終峠をクリア。




ここまでくると終わりが寂しくなるプレステージあるある。腹が減った、ビール飲みたい連発しながらチーム揃って無事ゴール。チーム員のケンケンさんはRPニセコの動画見てからいつかはプレステージ走りたいと思ってた。なんてストーリーも興味深いです。



アフターパーティでのtk君のスピーチは僕の想いともシンクロし、その後のプロビーラーシミズ氏のサプライズコメントがRapha Prestige Hotaka最高の締めとなりました。アフターパーティはめちゃくちゃ楽しかったです。

チームのみんな
参加者の皆様
Raphaの皆様
ccjpのみんな
本当にありがとう。

また一緒に自転車乗って遊んびましょ。




2019年2月15日金曜日

前橋シクロクロス冬2019

今シーズンもシクロクロスは野辺山と前橋に参戦



昨年前橋シクロクロスは二戦ともエントリーしたものの秋は風邪で冬は仕事でいずれもDNS
今年も前橋秋はキャンプミッションにより回避し気がつけば2年ぶりの前橋冬に参戦

自分の自転車ライフを語るのに欠かす事のできないccjpの皆が主催するこのレースはやはり僕にとって特別です。




当日はカングーにヒッチキャリアをつけての初の高速道路。
何も問題なかったものの出発時に娘の自転車が積めなくてちょいバタつきました。




当日は3連休中日で出発時間が遅かったこともあり関越道はかなりの渋滞でした。
結局到着はするまでに3時間ほどかかって試走時間にギリギリでして、娘のキンダーになんとか滑り込んだ感じでした。娘は無事出走しエリートのレースもしっかり観戦できました。





自分のレースは一番最後。
中盤スタートから調子よく前に出て10番手くらいまで上がったものの最初の丘でコケてリズム崩して、更には駐車場エリアとの間で前転かましてヘルメット吹っ飛びジエンド。2年前の「丘の上の膝ポンポン」を彷彿させる足攣り&体幹の弱さを露呈してレースにはなりませんでした。




それでもコース脇から常に声援と罵声と世間話をかけてくれレース中とは思えないくらいニヤケましたね。

三年前はホールショットからの華麗なるダイブ
二年前は1周目トップからの膝ポンポン
昨年ダブルDNS
今年も色々やらかしてレース自体はダメでした。おそらく僕はこのコースめちゃ苦手ですがccjpが開催するレースならば迷わず来年もエントリーです。

会場の格別な雰囲気
シクロクロスの苦しさと楽しさ
自転車好きな皆との出会い
今年もありがとう!



ココ最近はキャンプ熱が高いのです
今年のグンマーはキャンプで

2018年12月30日日曜日

カングーにヒッチキャリア

クルマを買い替えたらヒッチをつけると決めていました
今後ヒッチキャリアを考えてる方の参考になるかもなので残しておきます




新しいクルマはルノーカングー
カングーは自転車中積みも出来そうですが妻の希望もあり予定通りヒッチキャリアを装着することに(クルマの中汚すなという事で)

すでにヒッチキャリアを使用している周りの友人に聞きつつ色々調べてキャリア自体はYAKIMAに決定
ホールドアップ2台積みの2インチヒッチ角用に




このヒッチ角のインチ数はよく調べる必要がありました
クルマに取り付けるヒッチメンバーによりサイズが違うようです

僕が選んだヒッチメンバーはサンロッキーという会社のもので信頼できる日本製であることとカングーに加工なしでボルトオンできるのが決め手でしたね
ヒッチ角は2インチと記載ありました

続いて取り付けですがこいつはかなり難航しました。ヒッチメンバー取り付けをまず相談したのはディーラー。ボルトオンの取り付けの為工賃もさほど高くないだろうと考えていましたが見積もりはまさかの3.5万円。これは勿体ないと次は近所の自動車整備工場に問い合わせるもののことごとく断られました、過去にやった事がない作業はやはり難しいようです。こりゃまずいと自分で取り付けを試みるもののなかなか難しく一時断念。カングー先輩のヤスさんにサポートを依頼するもタイミング悪く僕が風邪で寝込み予定キャンセル。

ただ、この風邪で寝てる時に頭の中でシミュレーションをして再度チャレンジ。ジャッキアップしてクリアランスを取った事で作業が容易になり更には新調したレンチが調子良くて無事取り付け完了。







穴空け加工など無かったのが幸いでした
工具はかなり狭い中作業するのでエクステンションバーがないと厳しいです(下の画像のレンチセットのみで取り付けできましたが)



ヒッチメンバーさえ付けば後は余裕です。
YAKIMAの説明書見ながら1時間もあれば取り付けできました。使用方法もとてもシンプル。





ただこのキャリア単体で22kgあるのでかなり重いです。普段は取り外しておきたいところですが家の中に持ち運ぶのもひと苦労。僕はキャリアは取り外して屋外にて保管になりそうです。

なんにせよヒッチキャリアで自転車を運べるのは便利すぎます。シクロクロス参戦や遠くの友人とのライドにフル活用できそうです。




そしてなんといっても見た目カッコイイ